社団法人 上越医師会 社団法人 上越医師会
HOMEへ戻る
上越医師会概要
会長挨拶
上越医師会の概要
理事及び職務一覧
アクセス/交通案内
定款(PDF)
決算公告
事業報告
上越医師会の事業
上越地域総合健康管理センター
訪問看護ステーション
上越医師会の指定管理事業
上越地域の介護関連施設
上越休日・夜間診療所
地域産業保健センター
上越地域の医療機関検索
リンク集
ギャラリー
新規開業をお考えの方へ
ニュースリリース
会員専用ページはこちらです
上越地域の医療機関検索はこちらです
こどもの病気や医療についてのリンク集です
 
HOME > トピックス > 国民皆保険制度維持、混合診療解禁反対の署名活動とその後の経緯
国民皆保険制度維持、混合診療解禁反対の署名活動とその後の経緯
2004/12/05
当医師会で集めた署名数は11月30日現在4,067名(11月17日以後分を含む)、県医師会まとめ分39,294名、全国レベルでは日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本病院会、日本看護協会、日本理学療法士会、など37団体で構成する国民医療推進協議会(会長、植松日本医師会会長)の合計では5,977,819名の署名が得られました。
 12月2日および3日に、それぞれ衆参両院の厚生労働委員会においてこれらの署名とともに提出された混合診療解禁反対と国民皆保険制度の堅持を求める請願が全会一致で採択されました。採択された請願は直ちに内閣府に送付されています。(日医ニュースほか)
 
このページのTOPへ HOMEへ戻る